労務

よくある相談例

従業員とのトラブルが起きにくい体質にしたい
雇い止めの問題点について、詳しく教えてほしい
労働組合と交渉する前に、想定質問をおさらいしておきたい

労務のポイント

優秀な経営者ほど、その手腕に自信を持たれ、労務管理まで注意を払わない傾向もあります。しかし、一度問題が発生すると、過去に積み重ねてきた言動や行動について思わぬペナルティを課されることがあります。適切な労務管理を実現してこのような事態を予防するために、法務の力を取り入れてみませんか。

弁護士へ相談するメリット

会社の労務管理が適正かどうか疑問が生じた場合、早めに弁護士に相談しておけば、労働紛争に発展する危険性を最小化することができます。労働紛争にまで発展した場合は、訴えた側、つまり労働者側が有利な場合が多いのが実情なので、紛争に発展する前の事前予防に力を入れましょう。それでも紛争に発展した場合は、決して腕力でねじ伏せようとせず、弁護士のアドバイスを得ながら冷静に対応することが大切です。

ケーススタディ

ご相談内容

ダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミー

法律相談での対応

ダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミー

正式なご依頼を受けて

ダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミー

知っておきたいワンポイント

ダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミー

よくある質問

Q

就業規則に時間外労働の禁止を盛り込めば、残業代を支払わなくても良いでしょうか?

A

就業規則で時間外労働の禁止を盛りこんでも、時間外労働を明示または黙示に会社が認めていれば、残業代は支払わなければならないでしょう。就業規則だけに頼らず、定刻後は速やかに退社するよう指示する、例外的に残業をさせる場合は残業許可の申請を義務づけるなど、日々の労務管理を適切に行うことが大切です。

Q

従業員から社内でハラスメントを受けたという苦情を受けたのですが、どのように対処すべきか、教えてください。

A

客観的な証拠からハラスメントの事実が明白であれば、弁護士と相談の上、適切な措置を取りましょう。一方、客観的な証拠がない場合でも、無視するのは厳禁です。同僚の証言などにより、裁判で責任を認められてしまうかもしれません。弁護士と相談したうえで必要な調査を行い、苦情を述べた従業員の精神状態にも配慮した対応をするべきです。

Q

従業員向けの研修をお願いできますか?

A

随時承っています。特にハラスメントの防止に有益なので、ぜひご用命ください。

相談を迷っている方へのメッセージ

企業の体質改善は、早ければ早いほど成果に結びつきます。また、問題が発生したら、決してご自分だけで判断せず、専門家の意見を求めてください。どのような論理を組み立て、何を主張のポイントにするかなど、法的に有利な戦い方を検討します。